eBook第一弾はEPUBによるApple iBooks 3冊

Apple iBooks対応のbookファイルを3点完成させました。Dreamweaverでhtmlと文字装飾CSSファイルを作りSigilに読み込み、カバーイメージ、チャプター、目次を設定、epubファイルとして保存。iTunesにコピーしiPadに同期。2書体使用したものもiPad上では1書体のみの表示となるのがちょっと残念なところ。

バックグラウンドイメージもSigilでは表示するもものiBooksでは無視されるが、CSSを使った文字の大きさ・文字色・ボーダー・バックグラウンドカラーなどある程度デザイン要素が使えることが確認できた。画像の使用もサイズさえ考慮すれば全く

問題はなく、読み物中心と思われるepabフォーマットでも図版の多い、ガイドブックなどの用途にも使用できるのではないかと思われる。

今回試作した三点はApple iBooksが日本語対応を始めればすぐにもストアに出品の予定です、今後更にAmazon Kindle対応フォーマットにも変換し日本語対応が始まりしだい出品したい。

一方同じ内容でも全くデザインを変えリンクなどインタラクティブ要素を持ったPDFを試している、iPad、iPhoneではPDFの表示できるビュワーが登場していて、さらにiBooksもPDFビュワー機能が加わると発表、いままで地味な存在であったPDFの用途が大きく広がる予感。

Flash問題でInDesign CS5からiPhone、iPadアプリ書出しがどうなるかと思われだが、これもいくつか解決策が発表され今後雑誌アプリ制作環境が整って行くものと思われ、これも順次採用し新たなeBook開発を進めていきたい。

2 Comments Add Yours

  1. ありんこ

    はじめまして、自作でiBooksで読めるEpubファイルを作れないかと苦心しています。
    私の場合、同じようにDreamweaverでhtmlファイル、(パディング、文字の大小だけなのですが)CSSファイルをつくりこれをSigilにコピペしたのですが、作ったEpubファイルをiBookで開いてみるとCSSが反映されていません。
    iBooksで開いた様子の図ではグレーでのパディングがきれいにできているようですが、どのようにしたかお聞きしてよろしいでしょうか?

    • torus8

      ありんこさんへ、DreamweaverでCSSが反影されていれば、そのhtmlをSigilで開くとCSSも読み込まれると思います。