Kindle用eBookファイル .mobi .prcを試作

Amazon Kindle用ファイルを試してみる。Kindle本体は日本語表示はまだできないがPCやMac、iPhone、iPad用のKindeでは日本語表示ができるようである。
KindleGen v1.0でHTMLから.mobiファイルを作る。テキストレベルはなんとかだが、画像は全て抜けてしまう、何か手だてはあるだろうが。

MOBIPOCKET CreatorはWindows版しかない、同じくHTMLから.prcファイルを作る、CoverImageの設定、Metadataの設定等、ドル表示ではあるが価格の設定もできる、Table of Contentsの設定もTagを使ってHTMLを作ってあればできるようだがよく解らないこともあり今回は目次リンクが作ってあるので設定せず。Buldすると画像のない.prcファイルができてしまう、HTMLを読み込むホルダーとは別にホルダーを作ってしまうのでそこへ画像を入れるとようやくファイルができた。HTMLとCSSの作り方によるのか、画像は表示するもののほとんどプレーンテキストといったレベルの表現力。

Kindle Previewerで表示させてみる、これはKindle本機を再現しているらしく日本語は見事に文字化け、いずれ本機もカラー化するだろうし、アプリケーション版Kindleは当然カラー表示,Kindelファイルは最初からカラー前提で作ってよいかと。

当初Apple iBooks用にHTMLで起こしたものを、今回Amazon Kidle用に変換したわけだが、当然各ビューワーによる表示のちがいはあるが、今後も新たなプラットホームに向けてeBookを変換して行く必要はあるだろう。

今回使用したMOBIPOKET Creatorには一からいろいろなタイプのeBookを作る機能があり今後試して行きたい。

Comments are closed.