Adobe Digital Magazine SolutionでiPadコンテンツ試作

Adobe Digital Publishing Suite Download ADOBE® DIGITAL CONTENT VIEWER ユーザーガイト Adobe Digital Publishing Suite Digital Publishing プラグインを追加したInDesignCS5で縦方向スクロールはページで、横方向スクロールは複数Stackで、それぞれ縦位置レイアウトと横位置レイアウトを作り、全体をIssueファイルとして構成する Adobe Digital Content Bundlerでissueファイルを書き出す、12ページフルサイズ画像でissueファイルサイズ:8.7MB iPadにiTunesのiPadファイル共有で AppのAdobe Viewerにできたissueファイル追加するとiPadアプリAdobe Viewerホーム画面にサムネイルとダウンロードボタンが表示される、ダウンロードしViewボタンでコンテンツが表示される、iPadを縦横回転につれそれぞれのレイアウトがスムーズに切り替わる、縦横別の内容を入れておくこともできる、ここまでは基本の表示であり、ここにインタラクティブオーバーレイとしてInDesign上で、360°ビュー、オーディオ、パン画像、パノマラ、ビデオ、webビューなどを加えてコンテンツとしていくことになる Adobe ViewerはApp Storeにて無料 Adobe Digital Publishing Suiteととしては制作(ここまで書いた部分)にプラス配信サービス、E-コマースサービス、解析サービスまでを含めたビジネスソリューションして位置づけている また、コンテンツはApple App StoreやGoogle Apps Marketplaceなどを通じて多様なデバイスの閲覧に対応し配信できるとしている 既にApp Storeではこれで作られたWIREDなど雑誌アプリが登場している FOTOHITS Magazin アプリ内で各号を購入2011.1.27現在1号無料 32

More

iPad用EBOOKアプリが簡単にできるBaker EBookFramework 1.1

Baker EBookFramework 1.1 非常に簡単にiPad用EBOOKアプリができるHTML5 WebKit対応のeBookフレームワークがバージョン1.1に ダウンロードしたCSSを適用させたhtmlファイル一式ををbookフォルダーに入れ、それをBakerFramework内にアイコンファイルとともに入れ、Xcodeプロジェクト名を変更し、ビルドするだけでBookアプリができあがる 縦位置固定、htmlで縦位置のページを作る、縦の長さいくらでもよくスクロールは軽快、複数のhtmlファイルが複数のページになるブック内・外リンク、オーディオ、ビデオにも対応している 明朝体・ゴシック体の混在表示もできている、文字サイズの変更はできないがepubよりもレイアウトの自由度が高いし、htmlだけにepubからの移行もたやすい BakerFrameworkはオープンソースBSDライセンス   Added book:// protocol to allowdownloadable HPub books Support for zipped HPub books Link support (internal/external) Multitap page navigation Alphabetical ordering Statusbar on tap Full screen swipes Fix: now the previous pagedoesn’t flash anymore when you change page App StoreにBaker Frameworkのfree ebook

More

WordPress Thema “Arras 1.5.0.1”

ARRAS 1.5.0.1は前バージョン1.4.3.1とは互換性が無く、「テーマを更新」ではアップグレードできない。むろん共通部分は多いのだが、カスタマイズしていると、一から設定をやり直すことになる。(子テーマを使うことも考えられるが) 1.4.3.1ではトップページのFeatured Slideshow、Featured Posts、News Postsは「カテゴリー」の中で選んだものを表示するのに対して、1.5.0.1ではPost Types & Tax.メニューでそれぞれを「Posts、Pages、Media」から指定できる、さらにFeatured Post #2が追加されている。実際のところSlideshowでMediaやPagesは設置しただけでは表示されない、だがFeatured Posts、News PostsでPagesが使えることは大きい。 Featured Posts #1, #2, News Postsは、Tapestry (Display Type)でNode Baswd, Per Line, Quick Preview, Trraditionalの4タイプが使える、それと各表示数の設定、要約の表示の場合のワード数設定 1、2、3カラムレイアウト、legacy.cssとdefault.cssと4色のスタイルcss シングルポスト・サイドバーウィジェット・スライドショー・Tapestry:ノードベース・クイックプレビューの各サムネイル設定 テーマセッティングのエクスポート・インポート サムネイルサイズを変更した場合のリジェネレート ウィジェットはPrimary Sidebar、Secondary Sidebar #1、Bottom Content #1 、Bottom Content #2、Footer Sidebar #1〜4と8カ所。 メインメニューとトップメニューのサポート Arras1.4.3.1の最も特徴的なのがFeatured

More

使えるWordPressテーマ探し”Color Shading 1.2.1″

accordion-like post list on the front page   Color Shading 1.2.1 Demo ポストリストを触るとアコーディオンように開く面白さはDEMOページでお試しください 使えるかというと、さて? ぱらぱら動く面白さでご紹介 色の変更はcolor-scheme.php内CSSで変えられる 文字の大きさはEdit

More

使えるWORDPRESSテーマ探し”ATOM 1.2.6f”

あのMYSTIQUEを発展させたAtom Style & Colorバリエーション 管理ページ テーマオプションバックアップのインポート、エクスポート Designではプレビューしながら、サイドバー、カラムサイズ、スタイル、カラー、ロゴ、ババックグラウンドカラー、など設定できる features/HighlightsポストをHome Page、Single Posts等にTransition Effect、Easingを選択したうえで設置。ソーシャルメディアRSS、Twitter、Facebook、Flickr、MySpaceのリンク設定。 シングルページh1.titleのみ大きすぎるのでサイズ変更しただけで、日本語表示でもほぼ違和感のないデザインレイアウトになっている メニューはPage Top、Below Header (Main)、Above Footerの3カ所。ウィジェットではShow this widget onとしてポスト、ページ、登録ユーザー、ログインユーザーなどによっての表示オンオフが設定できる Featured Postsとfeatured imageの定番化、テーマオプションバックアップの仕組み、CSSカスタマイズはCHILD

More