WordPress Thema “Arras 1.5.0.1”

ARRAS

1.5.0.1は前バージョン1.4.3.1とは互換性が無く、「テーマを更新」ではアップグレードできない。むろん共通部分は多いのだが、カスタマイズしていると、一から設定をやり直すことになる。(子テーマを使うことも考えられるが)

1.4.3.1ではトップページのFeatured Slideshow、Featured Posts、News Postsは「カテゴリー」の中で選んだものを表示するのに対して、1.5.0.1ではPost Types & Tax.メニューでそれぞれを「Posts、Pages、Media」から指定できる、さらにFeatured Post #2が追加されている。実際のところSlideshowでMediaやPagesは設置しただけでは表示されない、だがFeatured Posts、News PostsでPagesが使えることは大きい。

Featured Posts #1, #2, News Postsは、Tapestry (Display Type)でNode Baswd, Per Line, Quick Preview, Trraditionalの4タイプが使える、それと各表示数の設定、要約の表示の場合のワード数設定

1、2、3カラムレイアウト、legacy.cssとdefault.cssと4色のスタイルcss

シングルポスト・サイドバーウィジェット・スライドショー・Tapestry:ノードベース・クイックプレビューの各サムネイル設定
テーマセッティングのエクスポート・インポート

サムネイルサイズを変更した場合のリジェネレート

ウィジェットはPrimary Sidebar、Secondary Sidebar #1、Bottom Content #1 、Bottom Content #2、Footer Sidebar #1〜4と8カ所。

メインメニューとトップメニューのサポート

Arras1.4.3.1の最も特徴的なのがFeatured Postsを4つの表示タイプから選んで、#1, #2, NewsPostsの3つのブロックを構成できるところだ、1.5.0.1ではさらにそこにページを組み込むことができるようになったことが大きい、

Featured Posts:Node Baseの表示

Featured Posts:Quick Previewの表示Featured Posts:Per Lineの表示Featured Posts:Traditionalの表示Thema Option

Thema Option

Post Types & Tax.

Custom Background

Comments are closed.