wordpress theme Lensa Part 2 Vegas Slides

Lrensaで用意されているPhotographsではなく、ポストやページでギャラリーをスライダーで見せたいときのため、いくつかフルスクリーンスライダーを試して、プラグイン VegasSlidersを入れる。
設定はPhotographsや他のギャラリープラグインのように、Mediaとは別にVegasSlidersメニューからAdd Slideして画像をアップロード、出力されたShortcodeをポストやページにペーストする、コードにはオーバーレイする画像(ドットの画像:不透明半透明画像を重ねることで走査線みたいなものを加えることができる)のURLを加えることができる、つまりスライダーごとにオーバーレイ画像を変えられる。VegasSlidersはページにも使える。

lensa08

VegasSliders

実際にポストを表示してみる、投稿のバックグランドにスライドが表示される、「Single post」とあるバーをクリックすると、ブログと右サイド部分全体が下にスライドしてほぼ全面ギャラリースライドショー表示になる、ふたたび最下部に残されたバーをクリックすると元の画面表示に戻る。分かりやすく、バー右端のアイコンを↓に変えた。ちなみにポストにギャラリースライダーの設置が無い場合はTopのスライダーが表示される。

lensa09

右端のアイコンを↓に変えた。

Lensa自体にはギャラリーページTemplateとして、Post、Photograph、Pinterest、Instagram、Flickr、Picasa、Facebookが用意されているが、スライダー表示はできないようだ。 LensaページTemplateにはギャラリーページの他に、Blog、Contact、Sitemap がある。 当初投稿(Blog)をメニューに表示するためにカテゴリーでメニューに設定したが、Page TemplateのBlogで空のページ「Blog」を作りそのページをメニューに登録し、メニューから選択することで通常の投稿表示になる。最新投稿をトップで表示したい場合はこの「Blog」ページを設定すればよい(実際にやってみると「Blog」と表示されていた部分がなぜか空欄になった)。

lensa11

Blog表示

SitemapはSitemapという空のページを作るだけでいい。

lensa10

Sitemap

ContactもLensaのDashboardにメールアドレスを設定し「Contact」というタイトルの空のページを作りメニューに組み込むだけコンタクトフォームができる。

lensa12

コンタクトフォーム

Widgets にも(ColorLabs)独自のものがいろいろある、Facebook page Like Box、Latest、Subscribe by Mail、Taxonomies、Embed/Video、Flickr、Social、Tabs、Twitter Stream などが用意されているうち、Latest:recent postとTabsを設置。 T8ではほかに、Jetpack による Facebook Like Box(page) とBlog Subscriptionsを設置。 全体的にほぼ期待のサイトにすることができたが、やはりネックになるのは、トップページスライドに投稿を反映させようとすると、別に同じ内容の Photograph(ページ)を作らなければならないということにつきる。 オリジナル lensのデモページ

Comments are closed.