WordPress Theme Lensa Part 3 Plugins

lensa13Lensaの最大の特徴はトップページがフルスクリーンスライダーだ、だがそれがゆえにトップページから入ると、スライダーからのリンクはポストに行けない、次へつなげるものはメニューしかないことになる。

ポストもLensaデフォルトではNext/Previousリンクがないし、パンクズリストもない、まずプラグインPrime Strategy Bread Crumbでパンクズリストを設置、String typesの
Template Tag

<code><!--?php if ( function_exists( 'bread_crumb' ) ) bread_crumb( 'type=string' ); ?-->

をsingle.phpの

</pre>
<article class="entry-post">

の次にペースト、シングルポスト表示のとき、「Home > PhotoGallery > 羽田への軌跡とカシオペア・北極星・北斗七星」などと表示するようになった。

それでも同じカテゴリーの他のポストを見るには、もう一度カテゴリーメニューに戻らなければならない、そこでNext/Previousリンク、プラグインIntuitive Navigationをいろいろさがした中から選んだ、まずTemplate Tag

<code><!--?php if ( function_exists( 'addIntNav' ) ) { addIntNav(); } ?-->

をsingle.phpの先ほど次の行に追加する、設定のAutoinsertでBelow(下)としたり、タグの位置を変えてみてパンクズリストの下のこの位置に、画像を表示させると時間がかかるが効果を期待してよしとする。

intuitive-navi

Intuitive Navigation設定、文字色大きさなどCSSに追記した

コードを表示させるプラグインSyntaxHighlighter Evolved(上記のコード挿入部分)を使用。

Widgetsをいくつか、500px Popular、Flickr、Facebook Page、Blog Subscribe、 など。
Web Font,メニューにGoogleFontの”Covered By Your Grace”、その他と本文にAPJapanesefont(あんずもじ)。fontba30

lensa14

本文、あんずもじの表示

思いつくままいろいろ入れてみた、表示フォントを変えられていない部分がいくつかある、ソースコード表示によればCSSファイルだけでもAdminを外して14ファイル、表示スピードは以前のPacificoなみの遅さになった。さらに機能を追加することはまだ可能かもしれないが目的にあわせ絞り込んでいくべきではある。

Comments are closed.