破間川辺り 十三夜過ぎ 10.15

とまどいながらもいくど目かのこの地に来て、どうしたものかと思い、かつ思いもしないものにひかれて。